購入時はここに注意

 パワーアップ目的で購入する場合には、自分のパソコンが搭載するストレージについて、フォームファクターのチェックが必須である。

 しかしストレージのフォームファクターは、パソコンのスペック表には意外と書かれていない。Windowsのデバイス マネージャーなどでストレージの型番を調べてWebで検索すると分かることもある。しかし一番手っ取り早いのは、実際に見ることだ。可能であれば、パソコンのカバーを開けて確認するのが確実だろう。

 また、フォームファクターがM.2の場合には、インタフェースとコマンドプロトコルのチェックも必須である。これはCrystalDiskMarkなどのツールを使って調べられる。

ストレージの製品型番はデバイス マネージャーで確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
CrystalDiskInfoの画面。このソフトではコマンドプロトコルを「インターフェース」、インタフェースを「対応転送モード」として表記している
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレージをパワーアップする際には、フォームファクター、インタフェース、コマンドプロトコル、全て元のストレージと同じ製品を選ぶのが無難だ。

 しかし、M.2のSerial ATA SSDを、より高速なPCI Express SSDにしたいと思う人もいるかもしれない。ただ、Serial ATAとPCI Expressどちらかだけしか対応してないM.2ソケットもあるため、できない場合もある。

 Serial ATAのM.2 SSDを搭載したパソコンは、同じシリーズのラインアップにPCI Express SSDを搭載したモデルがあれば、PCI Express SSDへのパワーアップができる可能性は高いが、確実とは言えない。

 また、PCI Express SSDはSerial ATA SSDに比べて発熱が大きく、元からPCI Express SSDを搭載していないパソコンでは動作したとしても発熱により故障のリスクが高まる可能性があることも理解しておいたほうがよいだろう。

M.2ソケットにはPCI ExpressとSerial ATA、どちらかだけにしか対応していないものがある。元のSSDとインタフェースを変えるのはリスクが高い
[画像のクリックで拡大表示]