外観は単なる巨大倉庫だった。恐る恐るインターホンを押して来訪を告げると、2階の会議室に案内された。そこで迎えてくれたのはグローカリンク(本社東京)共同代表で、リバネス(同)の執行役員CKO、浜野製作所(同)の取締役も兼ねる長谷川和宏氏だ。

 「我々はものづくりインキュベーションを加速したい。そのインキュベーション対象の持つさまざまな科学技術・文化・事象などを豊かに表現し、その価値や魅力を世の中に伝え、多くの人たちと時代の潮流を作り上げたい」――。

 筆者らが訪ねたのは、グローカリンクが運営する世界最大級のインキュベーション施設「センターオブガレージ(Center of Garage)」(以下、COG)。会議室の洗練された内装に外観とのギャップを覚えながらも長谷川氏と話を始めると、程なくして同氏はこう語った。そこには明確な構想とそれをやり抜く強い意志が感じられた。

図1 Center of Garageの外観
ベンチャー、大企業、町工場をつないでイノベーションの実現を目指す。(写真:グローカリンク)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 COGのコワーキングスペース
(写真:ローランド・ベルガー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら