汚れ、タイル剥落、雨漏り、延焼――。外壁に関わるトラブルは多様だ。発生すると美観を損なうだけでなく建物の健全性や利用者の安全にも影響を及ぼしかねない。そうしたトラブルを未然に防ぐための設計手法を、最新の技術動向を押さえて基本から解説する。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

  • 名建築に見る長寿命の秘訣、保全のプロが指南(7月24日)
  • 先端塗料が安藤忠雄の打ち放しを守る(7月26日)
  • ・水を制する外壁ディテールが汚れを制する(8月6日)
  • ・タイル張りのLCCは吹き付け塗装の1割増(8月8日)
  • ・震度6でも剥落せず、落ちないタイルの実力(8月20日)
  • ・「外壁火災」を引き起こした部材選定(8月22日)
  • ・対岸の火事ではない日本の「外壁火災」(8月27日)
  • ・「軒ゼロ」だと雨漏りリスクが5倍(8月29日)

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。