カメラとミリ波レーダーの一体センサー
(写真:日本電産エレシス)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載電子装置の日本電産エレシスは、自動車の周囲を認識するミリ波レーダーを車室内で使用可能にする技術を開発、2019年秋以降に量産する。一般に76G〜77GHzなどのミリ波はガラスを透過する際に減衰し、室内にレーダーを置くと検知距離が半分ほどに短くなる。このため現在はフロントグリル内に配置することが多い。汚れが付着し検出距離や精度に悪影響を及ぼすことがある。

 今回、法規で制限するアンテナへの入力電力は以前から変えず、アンテナからの出力電力を2倍以上に高める技術を同社は開発した。この結果、フロントグリル内など車室外に設置するのと同じ約200m先の対象物を検知できるようになった。

 このほど単眼カメラとともに一体化したセンサーシステムを開発した(上掲の写真)。一体品は、既存の単眼カメラと同様にバックミラーの裏(前側)に配置できる。自動ブレーキ機能などの実現に必要な信号処理機能も搭載している。

 同社は、今回のカメラ一体品を同等機能の既存品よりも低コストに生産できるとみており、「高級車のみならず安価な自動車を含む幅広い自動車への採用を狙う」(日本電産エレシスの親会社でこのシステム開発を主導している日本電産 執行役員 先進システム研究開発センター長の三重野 敏幸氏)。

 アンテナ部を主に樹脂で形成して軽量にもできる。安価かつ軽量という利点を生かし、自動車のほか、ドローンへの搭載も見込む。自律走行機能の搭載が見込まれる農機やAGV(無人搬送車)にも売り込んでいく。

 さらに、今回開発したミリ波アンテナを使うと、フェーズドアレー技術によってミリ波のビームを生成できる。3次元的に空間を認識するLiDAR(Light Detection and Ranging)と同様の機能も実現可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら