景色よりも「技術」を前面に──。新装した梅田スカイビル・空中庭園展望台の改修方針だ。リフトアップという刺激に満ちた施工方法〔写真1〕こそが集客の売り物になると考えた。技術観光(テクノツーリズム)を考えるうえで学ぶ点は多い。

海外評価を受け「技術押し」で新装

〔写真1〕リフトアップを終えた連結超高層
施工後半、山場となる空中展望台のリフトアップを終えた梅田スカイビル。1992年5月下旬撮影。JR大阪駅の北側、梅田貨物駅に隣接した約4.1ヘクタールに開発した「新梅田シティ」の核となるツインタワー。93年7月に開業し、今年7月2日に開業25周年を迎えた(写真:三島 叡)
[画像のクリックで拡大表示]

 空中庭園展望台の年間入場者数は、開業3年目以降、漸減し続けていた。それが開業から20年以上もたった2015年、開業翌年の年間入場者数(108万人)を上回り、121万人を記録。さらに2年連続で増え、17年は150万人となった〔図1〕。

〔図1〕外国人が増え、全体で開業時の1.5倍に
入場者数が上昇に転じた理由としては、2008年に「世界の建築トップ20」に選ばれた以外に、11年にJR大阪駅ビル、13年にグランフロント大阪が開業し、大阪駅北側への人の流れが増えたことがある。06年以前の外国人入場者数はデータなし(資料:積水ハウス梅田オペレーション)
[画像のクリックで拡大表示]
屋上のスカイウォーク(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
屋上のスカイウォーク(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 上昇に転じたきっかけは、08年に英国「THE TIMES」紙が掲載した「世界の建築トップ20」という記事。タージマハル(インド)やシドニーオペラハウス(オーストラリア)などとともに、梅田スカイビルが選出された。「梅田スカイビルほどアドレナリンがあふれ出る、スリルに満ちた高層ビルはほかにない」(選評より)。これが話題となり、外国人観光客が急激に増えた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら