前回は、内之浦宇宙空間観測所の成り立ちと、その心臓部ともいえるロケット組み立て室の外観をリポートした。

 一般の見学者は、ロケット組み立て室の外観を広場から見るのみで、中には入れない。しかし、我々(建築ライターの磯達雄と日経アーキテクチュア編集長の宮沢洋)はJAXAの許可を得て、特別に中に入ることができた。役得で大変申しわけない。

ロケット組み立て室の内部。竣工は1966年で、その後に高さ、広さとも拡張されたが、壁や屋根の構造は引き継がれている。通常は内部見学不可(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 屋根を支えているのは、パイプ状の材を三角形が連続するようにつないでいくスペースフレーム。日本では1970年、大阪万博のお祭り広場で採用されて注目された構造方式だが、その前にここで実現していたというわけだ。

スペースフレームの屋根構造を6本の柱が支える(竣工時の柱は4本)。ストライプ状に設けられた天井のトップライトから自然光が入る。カーテンウオールはアルミ鋳物製パネル
[画像のクリックで拡大表示]
レール上を移動する橋型クレーン(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに驚くのはその拡張性。組み立て室は1966年に竣工したのち、高さ、広さとも拡張されたが、壁や屋根の構造は当初のものが引き継がれているのだ。

(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:宮沢 洋)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら