7月6日夜に大規模な土石流が発生し、10人以上の死者が出ている広島県坂町小屋浦地区。広島湾に面する人口約1800人の小さな集落だ。同地区を襲った土石流は上流の砂防堰堤を粉々に破壊し、市街地をのみ込んだ。記者は7月14日午前8時すぎ、被害の状況を取材すべく現地に入った。

土石流に襲われた広島県坂町小屋浦地区。天地川の上流側、県道275号から撮影した。写真奥に見えるのが広島呉道路の橋梁(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 呉市との境に位置する坂町小屋浦地区は、広島呉道路(クレアライン)や国道31号、JR呉線の寸断で支援の手が届きづらくなり、一時「陸の孤島」になった。7月11日夜に国道31号が通行を再開したことで、ようやく本格的な復旧が始まったが、記者が訪れた7月14日時点ではまだまだ手付かずの状態だった。

 広島県は天地川の砂防堰堤が決壊したと発表していた。そこで、国道31号をJR小屋浦駅付近で降り、土石流が下った天地川に沿って集落の被害を撮影しながら、上流の砂防堰堤を歩いて目指すことにした。距離にして1.2km、高低差は50mほどの行程だ。

広島県坂町小屋浦地区の地図。記者は広島湾沿いの国道31号を通ってJR小屋浦駅周辺に到着。天地川の上流を目指して歩いた(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

 まだ午前8時だというのにひどい暑さ。歩き始めてすぐのところで、小屋浦小学校の前にある天地橋が落橋していた。給水などが行われている小屋浦ふれあいセンターを越えてしばらくは、苦もなく道路上を歩けるが、竹を手にした鬼が住民を叩いて回る奇祭で有名な「小屋浦新宮社」まで来ると様相は一変。天地川とその周囲には巨石や流木が転がり、住宅は1m以上も白っぽい土砂に埋もれてしまっていた。

 この辺りから、傾斜は緩いにもかかわらず、急に歩きにくくなる。砂浜を歩いているような感覚といえば分かりやすいだろうか。

中央を流れるのが天地川。手前は不通となっているJR呉線の線路(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

落橋した「天地橋」。奥に見えるのが小屋浦小学校(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

仮設トイレなどが設置してある小屋浦ふれあいセンター(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

小屋浦新宮社の前の橋梁から天地川の上流に向かって撮影。巨石や流木が転がっている(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

小屋浦新宮社から数十メートル上流側。下流側に向かって撮影した。右手の住宅を見ると、土砂がかなりの厚さに積もっていることが分かる(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら