日経 xTECHは2018年6月6日から20日にかけて、45歳以上のITエンジニアを対象に「中高年(シニア)SEのリアルに関するアンケート」を実施した。質問項目は仕事への満足度や能力の衰え、加齢への実感など。合計647件の回答を得た。回答を頂いた皆様に厚く御礼を申し上げたい。本特集では、アンケートに寄せられた回答結果を基に、シニアSEの実態を報告する。

 今や、現場の中核を担うのはシニアSEだ。かつては多数の若手が前線、シニアSEが指示役という姿だったが、少子高齢化が進んだ現在はシニアSEが前線に立ち続けている。現場の活性化には、シニアSEの活躍が欠かせない。だが、シニアSEの多くは、年齢による偏見や差別に直面してやりづらさを実感している。

 アンケート調査では、シニアSEに「シニア」「シニア予備軍」としての悩みや意見を聞いた。自由記述欄に寄せられたコメントは239件。総回答数647件の実に4割近い数だ。多くのシニアSEが言いたくても言えない本音を抱えている。

 以下で代表的なコメントを紹介しよう。まずは年齢差別(エイジズム)への意見だ。

「いつ頃、引退する予定でしょうか?」

 ダイバーシティだのライフワークバランスだのワークスタイル改革だのに積極的にコミットして公的表彰を受けてる会社でさえ、年齢に関する差別はひどい状況でパワハラ寸前の扱いを受けている。転職したくても、転職先でも同じ扱いにならないかと警戒が先に立つ。(55~59歳、SE)
 60歳以降も現在と同様な仕事を続けたいと思っているが、社会が容認していないように思える。最近多くなってきた質問が「いつ頃、引退する予定でしょうか?」。周りより引退を待たれているようで気分が悪い。(55~59歳、社内SE)

 こうした偏見や差別はなぜ生まれるのか。アンケートを見ると「シニアはこうあるべき」という、社会の認識があるようだ。

 シニアだからこうせねばならないという一般的な共通認識が個性を殺しているような気がする。年齢に関わらず個性を尊重した働き方ができる社会になっていくとよいと思う。(45歳未満、SE)
 年齢による差別は男女の差別同様なくすべき、という風潮になっていない。(45歳未満、SE)

 では、シニアSEはどんな年齢差別を受けているのか。コメントには「挑戦へのチャンスがない」「評価が割り引かれる」「年齢だけで処遇を変えられる」といった、悲鳴ともいえる回答が寄せられた。以下で詳しく紹介しょう。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら