スズキは2018年7月5日、4代目となる新型の軽SUV「ジムニー」と小型SUV「ジムニーシエラ」を発売した。20年という異例の長期にわたって先代を販売し続けたすえの全面改良だ。

 ジムニーとシエラは全幅などの車両寸法が異なるが、同じプラットフォームを使う。基本設計を20年変えなくとも安定して売れ続ける珍しい車両で、先代は2018年に入って生産を停止していた。20年間で厳しくなった衝突安全の法規を満たさなくなったためである。全面改良で法規に対応し、生産を継続できる。

[画像のクリックで拡大表示]