ITエンジニアやITコンサルタント、そしてIoT(Internet of Things)や人工知能など最新技術を分かりやすく解説する「エバンジェリスト」として活躍してきた著者が、これからの時代に活躍するITエンジニアに求められるスキルや勉強方法などについて述べていきます。目標はズバリ、国境を越え、世界から仕事が舞い込むスーパーエンジニア。ITで新しい価値を生み出し、世界を良い方向に変革する技術者の育成に役立つコラムを目指します。

伊本貴士(いもと たかし)
メディアスケッチ 代表取締役 兼 コーデセブン CTO、サイバー大学 客員講師、IoT検定制度委員会 技術主幹、地方版IoT推進ラボ メンター
伊本貴士(いもと たかし) 新進気鋭のIoTコンサルタント。日経BP社の「技術者塾」「ITエンジニアスクール」の人気講師でもある。IoTやAIはもちろん、技術に関する洞察力が深い。
NEC ソフト、フューチャーアーキテクトを経て、メディアスケッチ設立。IoT・人工知能など最新技術のコンサルタントとして企画から、新技術の共同研究開発などを行っている。自社においても、スマート製品や犯罪予測システムなどの人工知能エンジンを研究中。また、経済産業省とIoT 推進ラボが行う地方版 IoT推進ラボのメンターとして、日本全国においてアドバイザーや講演などを行う。
サイバー大学の講師の他、日経BP社「技術者塾」、日本経済新聞社の講師も担当しており、IoTや人工知能、ブロックチェーンの分野における講演多数。
共著に「IoTの教科書」と「IoTの教科書」(共に日経BP社)がある。