米国のバーボンウイスキー蒸留所の設計コンペで坂茂建築設計(東京都世田谷区)の案が最優秀に選ばれた。

ケンタッキー・アウル・パークの俯瞰(ふかん)イメージ。木製パネルとガラスで覆われる3棟の“ピラミッド”が蒸留施設。水際に立ち並ぶ木造建築群が来訪者を迎え入れる(資料:Shigeru Ban Architects/ Stoli Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 計画地は、バーボンウイスキーの故郷、ケンタッキー州バーズタウンに現存する石灰石採掘場の跡地。420エーカー(約170万m2)の敷地に、1879年創業のブランド「ケンタッキー・アウル・バーボン」の製造ラインとレジャー施設で構成される「ケンタッキー・アウル・パーク」を建設する。石灰石を露天掘りした採掘場跡は湖となる。

蒸留施設のエントランス(資料:Shigeru Ban Architects /Stoli Group)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら