宮崎県日南市が国土交通省の道の駅登録を目指して整備計画を進める「道の駅北郷(仮称)」の設計デザイン公募。同市は「目指す道の駅のビジョン」で、東九州自動車道を利用する車両の日南市への北の玄関口と位置付けるとともに、同市北郷地区の経済活性化や地域づくりに貢献することなどを掲げている。

「道の駅北郷(仮称)」位置図(資料:宮崎県日南市)
[画像のクリックで拡大表示]

 道の駅と聞いて誰もが思い浮かべるのは特産品などの販売だ。「目指す道の駅のビジョン」では、そうした経済活性化の視点に加えて、「まちづくり・人づくりの拠点」として、地区の課題解決や地域コミュニティーの強化につながる機能を重視している。このため、新たな雇用を生みだし、高齢者の生きがいや防災の拠点になる「地域住民のための道の駅」を、最上位のコンセプトとして設定する。

 建設予定地は、旧日南市北郷町総合支所と農村環境改善センターの跡地ほか、約1万6000m2の敷地。道の駅の登録に必要な休憩施設、情報発信施設、地域振興施設のほか、駐車場や遊具施設などが一体となった施設を整備する。

現況平面図(資料:宮崎県日南市)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら