ロシア・モスクワに建設するホールを核としたTOD(公共交通指向型開発)の国際指名設計コンペで、日建設計の案が最優秀に選ばれた。

中央に見える緩く弧を描いた建物が「ズベルバンク・シティー」。手前にモスクワ川が流れる。間口最大30mの細長い敷地となっている(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 この設計コンペはロシア最大手の銀行、ズベルバンク(ロシア連邦貯蓄銀行)が主催。2019年8月20日に行われたプレゼンテーションには日建設計のほか、ザハ・ハディド・アーキテクツ(英国)やコープ・ヒンメルブラウ(オーストリア)、アルケア・アッソチャーティ(イタリア)の計4者が参加し、日建設計が当選した。

長手方向の断面パース。大きい室内空間を実現するため、ホールを空中に浮かした。8階から11階までがホール。その下は吹き抜け空間。吹き抜けを挟んで左手は従業員のためのスペース、右手はビジターセンターなど公共のエリア(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 モスクワでのプレゼンテーションに参加した日建設計の亀井忠夫社長は、コンペ案について次のように語る。「チャレンジングではあるが、実現可能な案だ。外観は控えめな造形でありながらも、タイムレスなデザインで、内部空間が豊か。当社がインハウスエンジニアを多数抱えた総合設計事務所であることも評価された」

南側から見る。隣接する中層2棟、高層2棟の建物は既存。ズベルバンク・シティーは、全体をまとめるようにシンプルなダブルスキンのファサードにした(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]
1500人収容のホール。複数層のカーテンで光を調整できる。席はすべて機械式収納型で、バンケットなどにも使える(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら