住宅の省エネルギー性能が高まり、断熱性能や気密性能が向上している。それに伴って、24時間換気設備の担う役割が大きくなってきた。熱交換型換気設備やダクト式第3種換気設備の採用が拡大し、これらに関連したトラブルや施工ミスも目立つようになっている。省エネ性能を重視した住宅が増すなかで、24時間換気設備で浮き彫りになり始めた問題点を徹底取材した。


[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]