日経コンピュータの2018年7月5日号で読まれた記事のランキングを集計した。トップはアジャイル開発の手法を取り入れてソフト開発力を引き上げるデンソーの記事だった。読まれた記事の上位10本を掲載する。

 最も読まれたのは国内最大の自動車部品メーカー、デンソーにおけるソフト開発の最新動向を追った記事だ。自動運転やコネクテッドカーなどの新事業を目指し、アジャイル開発の手法を取り入れてソフト開発力を引き上げる取り組みを進めている。次の時代も自動車製造のティア1(1次サプライヤー)で居続けるための挑戦だ。

 現場で活躍するAI(人工知能)ロボットを4分野40機について紹介した特集記事も注目を集めた。価格はもちろん、大きさやOSなども載せたスペック表も要注目だ。

 マイナンバーの交付に使うPCとカードが盗まれた横浜市鶴見区の事例や、AIで離職率を半減させた記事も上位に入った。