コンクリート構造体の内部に空洞をつくり、人間の動脈のようなネットワークを構築する。こんな方法で、ひび割れの自己修復を図ろうというのは、日本大学工学部のパリーク・サンジェイ准教授だ。実用化前の現状を現地で聞いた。

 日本大学のサンジェイ准教授が開発した技術は、「全自動自己修復システム(ASRS)」だ。人が傷を負ったときに傷から血が出てかさぶたとなり、時間がたつと傷が治る仕組みをコンクリートに採り入れた〔写真1〕。

〔写真1〕実用化目前の全自動自己修復システム(ASRS)
コンクリート内に計画的に空洞をつくり、動脈のようなネットワークとする。そこにエポキシ樹脂を流し、ひび割れを修復する。1mや2mの鉄筋コンクリート梁供試体での効果も確認済み(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンクリート打設時にチューブを張り巡らせる。コンクリート硬化後に、チューブを引き抜くことで構造体の内部に空洞をつくり、人間の動脈に似たネットワークを構築する。そこに一液性の特殊なエポキシ樹脂を定期的に流し込み、ひび割れを修復する仕組みだ〔写真2〕。

〔写真2〕エポキシ樹脂でひび割れ修復
エポキシ樹脂がセメントの水と反応することによってひびを修復。エポキシ樹脂の粘度を変更することで3~4mmのひび割れを、約3日で修復することができる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 静荷重や地震で発生するひび割れは、曲げモーメントの引っ張り側に生じるので、その位置を対象にネットワークを導入する〔図1〕。

〔図1〕ひび割れ発生位置とネットワーク
研究や経験則により、静荷重や地震によるひび割れは、曲げモーメントの引っ張り側に発生することが分かっている。その場所に沿って空洞を設計し、ネットワークとすることが可能だ(資料:日本大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 環境条件にかかわらず、エポキシ樹脂の粘度を変更することで幅3~4mmまでのひび割れを約3日で修復できる。建物を活用している状態で修復が可能なため、メンテナンスのための休館日を設ける必要もない。

 曲げひび割れを対象としたこの技術は、1mや2mの鉄筋コンクリート(RC)梁供試体での効果も確認済みだという。「プレキャストコンクリート製造会社との話も進んでおり、いつでも実用化が可能だ」とサンジェイ准教授は自信を見せる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら