「HPC」と呼ぶ超薄肉コンクリート板が、沖縄県を中心に採用実績を増やしている。開発の中心となったのは、構造技術者だ。住宅規模でも使えるプレストレストコンクリートはできないか。こんな相談がきっかけとなり、これまで見たことのない素材が誕生した。

 「HPC」でもう1つ注目したいのが開発体制だ。HPC沖縄の阿波根(あはごん)昌樹代表は、構造技術者で、西薗博美構造設計事務所(東京都世田谷区)の沖縄分室室長でもある。「住宅規模でも導入できるPC(プレストレストコンクリート)の仕事を考えられないか」。2013年にピーエス三菱九州支店PC建築部の池田龍基部長から持ち掛けられた相談が1つのきっかけになった。

 沖縄のベランダではよく穴あきコンクリートブロックが使われるが、これを代替できる地震に強いブロックはできないか。そう考えていた阿波根代表は、この2つを重ね合わせてPCパネルを考案。池田部長の紹介で技建の大城米男社長と知り合い、2014年の試作にこぎ着けた。細矢仁建築設計事務所(東京都世田谷区)の細矢仁代表は試作を見て可能性を感じ、開発に参加。現在はアドバイザーとして主に意匠面から支援している〔写真1〕。

〔写真1〕構造技術者が中心になって開発
HPCの開発には建築技術者を中心に多くの人が関わっている。最前列左手が開発の中心となったHPC沖縄の阿波根昌樹代表。構造技術者として西薗博美構造設計事務所沖縄分室の室長も務める。同右手がHPCの製造を担当する技建の大城米男社長。真ん中の細矢仁氏(細矢仁建築設計事務所)と2列目右手の西薗博美氏(西薗博美構造設計事務所)は、HPC沖縄のアドバイザーとして、開発や普及に協力している。小野建沖縄取締役の東恩納寛隆営業部長(最後列左から2人目)のように地元企業も参画する。最後列の左端が、開発のきっかけをつくったピーエス三菱九州支店PC建築部の池田龍基部長。このほか、製造を郡家コンクリート工業(鳥取県八頭町)が担う(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 当初は、開発関係者が設計に絡むプロジェクトがHPC採用の中心だったが、最近は実例を見た無関係の設計者からの引き合いもある。「その際、設計用の諸元データを構造設計事務所に提供して、設計してもらう」と、HPC沖縄のアドバイザーを務める西薗博美氏。「新しいアイデアを実現したいという場合が多く、実験して検証しながら進めることを図面にうたってもらう」(阿波根代表)

 構造事務所は、多くの設計事務所と付き合うので、様々な情報が寄せられる。「私が情報の中心にいることによって、人と人をマッチングしたり、問題解決のための組み合わせを考えたりできる」と、阿波根代表は言う。現在は、設計事務所が取り組む設計プロポーザルに協力し、HPCの採用につなげる場合が多い。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら