2018年7月、東京都渋谷区のおしゃれな街、代官山に近未来型のトレーニング・ジムがオープンする。筋力トレーニングマシンを“ウエアラブル化”し、全身の筋力トレを同時に実施することで、常識破りのわずか15分でトレーニングが終わるのが売りである。鏡に写る自分の姿に重ねてアドバイスなどのイラストを表示する、いわば拡張現実(AR)も応用する。

全身を覆うウエアラブル型EMS機器を使い、デジタルミラーを見ながら運動することで短時間・高効率なトレーニングを実現する(写真:MTG)
[画像のクリックで拡大表示]

 開設するのは、家庭用EMS(Electrical Muscle Stimulation:筋電気刺激)機器メーカーで「SIXPAD(シックスパッド)」ブランドを扱うMTGである。MTGという社名を知らなくても、現在開催中の2018 FIFAワールドカップ ロシア大会でも大活躍を見せた、ポルトガル代表のスーパースター、クリスチアーノ・ロナウド選手のCMなら見たことがある読者が大半だろう。

家庭用EMS機器「SIXPAD」シリーズの「フルベルトセット」を身に着けるマネキン
[画像のクリックで拡大表示]

 SIXPADシリーズの製品は、例えばお腹正面の腹直筋に刺激を与えるための「アブズフィット2」は価格が2万5800円(税別)、腹直筋とわき腹の腹斜筋を対象とする「アブズベルト」に「アームベルト」と「レッグベルト」セットにした「フルベルトセット」が12万6300円(税別、S/M/Lサイズの場合のセット価格)と、なかなか高額だ。それでも、2016年の発売から約2年で累計販売台数が100万台を超えるなどのヒットを見せている。

 今回オープンする代官山のトレーニング・ジムの名称は「SIXPAD STATION」で、同社にとって初の実店舗となる。コンセプトは「手ぶらでできるトレーニング」である。

 実はMTGは、国内では数少ない、未上場でありながら時価総額が10億ドルを突破する「ユニコーン企業」と見られる1社だ。2018年7月10日に予定する東証マザーズ市場への新規上場時には時価総額は2000億円を超えるとみられる。さらなる事業拡大のためにリアルのトレーニング・ジム事業に進出し、ウエアラブル技術を活用した先進性で店舗展開を活発化していく。国内で500店舗の開設を目指す。

MTG初のジムとなる、「SIXPAD STATION 代官山」。2階がエントランスや受付、ロッカールーム、1階がトレーニングスペースになっている。初回体験は3000円(税別)、1回利用は8000円(税別)。いずれも、施設利用料、ウエアやタオルなどのレンタル料、飲料水代を含む。なお、月額利用料は非公開とする
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら