日経 xTECH分解班は、ファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイが開発した自動採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を入手。マーカーの分析や測定実験を通して、自動採寸の仕組みを入念に調査した。今回の「測定実験編」では、「既製服では自分に合うサイズがない」という悩みを持つ記者がZOZOSUITを使って採寸、“ピッタリサイズ”の衣服をオーダーするまでの顛末をレポートする。



 いよいよ、ZOZOSUITを使って測定する。被験者は、”わがままボディ”が自慢(?)の先輩M記者だ。上司に焼肉をおごってもらうことを条件に、着用画像と体形データの公開を快諾してくれた。

 ZOZOSUITを注文する際は、身長と体重、性別の入力が必要だ。入力した内容に基づいて、「サイズ1」~「サイズ8」の8種類から適した1つが届く。今回、測定に使用するZOZOSUITは、M記者とは対照的に細身で小柄なKデスク(男性)が注文した「サイズ2」である。

 スタートトゥデイのWebサイトによれば、既に配布を開始しているのはサイズ2で、その他のサイズは発送が遅れているようだ。ZOZOSUITを注文した他の編集部員に到着予定のサイズを聞くと、サイズ2の他に「サイズ3」や「サイズ6」もいた。ZOZOSUITの大きさがどれくらい異なるのかは分からないが、少なくともM記者の適正サイズは2ではなさそうである。

 「ひょっとして破れてしまうのではないか」という周囲の予想に反して、M記者の全身はしっかりとサイズ2のZOZOSUITに収まった。とはいえ、締め付けられているせいか「立っているだけでつらい」ときつそうなM記者。先輩のためにも早く測定を終わらせて、焼肉を食べに行こう。

ZOZOSUITを着用したM記者
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな中、M先輩が衝撃的なひと言を口にした。「これ、首がある人用だよね……」。いわく、あごのお肉で「首がない」人の場合、指定通りに首の部分を伸ばして着用することが難しいらしい。ZOZOSUITの首には小さなマーカーがあるのだが、確かに隠れてしまっている。このまま測定すると、注文するシャツの襟が首に対してきつすぎたり、逆に開きすぎたりしてしまう可能性がある。せっかくなので、このままの状態で計測した。

首のマーカーが完全に隠れている
「俺みたいに首がない人だっているんだよ」とぼやく先輩
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら