日経 xTECH分解班は、ファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイが開発した採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を入手。マーカーの分析や測定実験を通して、自動採寸の仕組みを調査した。今回の「疑似分解編」では、スーツの素材やマーカーの配置など、実物から分かる情報に基づいて、ZOZOSUITの特徴的な“水玉”デザインの理由を追究する。



 「ZOZOSUIT、まだ届いていないんですか?もうみんなとっくに持っているものと思ってましたよ」

 スマートフォン(スマホ)やゲーム機器、ロボット、AI(人工知能)スピーカー、果ては自動車まで分解してきた「日経 xTECH分解班」。分解班の起源は日経エレクトロニクス本誌ということもあり、これまでの分解対象は主に電子機器だった。しかし、あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代の今、テクノロジーが宿るのは当然電子機器に限定されない。

 というわけで、今回のターゲットは、スタートトゥデイの採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」である(関連記事:「ZOZOSUITが仕様を完全変更、マーカーで計測する『新型』提供へ」)。測定結果を基に同社のECサイト上で「自分ピッタリサイズ」の服を購入できるシステムが売りで、2017年11月22日の発表以降、2018年5月1日時点で累計注文数が100万を超えた。

 伸縮センサーを搭載する「旧型」から、スマホのカメラでマーカーを読み取る光学式の「新型」へと仕様を完全に変更したことで話題を集めた。

スタートトゥデイの「ZOZOSUIT」
全身に配置された複数の白いマーカーを、専用のスマホアプリを使って認識し、採寸する(左)。採寸結果に基づいて、自分にぴったりなサイズの衣服を注文可能(右)(出所:スタートトゥデイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型の出荷開始日は2018年4月27日。筆者は11月末に予約したのだが、実は記事執筆時点でまだ届いていない。そんな筆者に冒頭の言葉を掛けたのが、編集部のKデスク(男性)である。Kデスクは発表直後にZOZOSUITを予約注文し、ゴールデンウイーク頃には入手していたという。

 “ブツ”を手に入れないと始まらないので、分解班はKデスクに頼み込んでZOZOSUITを借り、自動採寸の仕組みを詳しく調べることにした。借り物をバラバラにするわけではないが、「新製品の機能を実現する技術を明らかにする」という意味では“疑似分解”と言っていいだろう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら