どんな転職でも、リスクは伴います。転職に失敗したらどうしよう、転職先がブラックだったらどうすればよいかなど、筆者はいろいろな相談を受けます。そのほとんどに対する答えが、「やってみなければ分からない」です。もちろんアドバイスや情報提供はしますが、何事も「絶対大丈夫」とは言えません。

 転職はしたいけどリスクは取りたくない――。そんな人に筆者が提案するのは、人事異動を活用した「疑似転職体験」です。現職にとどまりながら、転職に近い経験をしてみるのはいかがでしょうか。

環境を変えたいという願望を低リスクでかなえる

 1つの部署に同じ役職で何年も在籍していると、仕事はルーティン化してきます。業務に対応する知識やスキルが身に付き、余裕を持ってこなせるようになるため日常は楽になります。そのお気楽さを享受し、定時に帰宅して社外活動に精を出す手もありますが、真面目な人ほど「こんなぬるま湯で良いのか」と思うようです。

 逆に、スキルを蓄積すればするほど大変になるケースもあります。上司の信頼が高まる分、従来よりも仕事のスピードを上げることを求められたり、仕事量を増やされたりしてしまいます。仕事に追われ、「この生活から一生逃れられないのではないか」との恐怖を抱えて過ごしている人もいます。

 どちらの場合にも、頭にモヤモヤと思い浮かぶのが「転職」というワードでしょう。ただし、冒頭で触れたように不安が大きくて踏み切れず、モヤモヤが続く――。そんなときは、まず異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

 モヤモヤの原因が、「ちょっと場を変えたい」「違う経験をしてみたい」という思いにあるのなら、いきなり無理して転職する必要はありません。環境を変えたいという願望を低リスクでかなえるのが、人事異動です。

 現状に疲れ果ててしまったという人も、冷静な判断ができない状態で転職活動をすると失敗の確率が高まります。まずは社内で違う空気を吸って落ち着いてから、本当に転職するかを考えてみるのも1つの方法です。