「この会社でどうしても働きたい」という第1志望の会社がある人は、中途採用で1度不採用になってもなかなか諦めきれないものです。

 特に、惜しくも不採用になった場合は気持ちの切り替えができません。採用側の評価は高かったけれど、たまたまその時点で予算の関係上採用枠が絞られており、わずかの差で選に漏れてしまうこともあります。

 採用側が好感触だったことは本人にもなんとなく分かりますから、「どこを直せばよいか」が気になります。足りなかったスキルを磨き、もう1度応募してみたくなるのです。

 では再び応募するに当たって、不採用になってからどのくらいの期間が必要なのでしょうか。すぐに応募しても問題ないのでしょうか。

「不採用から1年」が基本

 転職業界でよく言われるのは、「1年ルール」です。同じ会社に再度応募するなら、不採用通知を受け取ってから1年が過ぎてからにすべし、というものです。

 応募方法を変える、人材エージェントを変えるなどアプローチの仕方を変更すればすぐに応募しても問題ないのではと考えている人もいます。しかし、採用選考するのは同じ企業の担当者ですから、1年は間を置きたいものです。その理由として、採用側の事情があります。

 応募者の中には、何度も応募書類を提出してくる熱心なファンがいます。不採用通知を送ったらすぐ、「不足している点があればぜひ教えてください」と問い合わせがあります。基本的には不採用理由を事細かに本人にフィードバックしませんが、概要を伝えることはあります。

 すると「追加の説明をさせていただければきっと大丈夫です」といった再面接の依頼や、「これが改善できたらもう1度面接をしてもらえませんか」という、熱烈なアプローチをする応募者が一定数います。応募者によっては、繰り返し不採用の理由を問い合わせてきたり、メールを毎月のように送ってきたりする人もいます。