転職は、新しい会社に移るだけでなく、今の会社を辞めることを意味します。定年までこの会社にいる気はないという人も、では「いつ辞めるのか」と聞かれると具体的に答えられないことが少なくありません。今回は、「辞め時」について年齢別に考えてみましょう。

20代、3年は辞めない方がよい?

 まず20代です。新卒で入社した会社は、「3年間は辞めない方がよい」とよく言われます。3年間働いてみなければ、その会社や仕事のことは分からないというわけです。この考え方については、筆者は半分賛成、半分反対です。

 確かに、ある仕事を一通り覚えて自分なりの成果を出すには、3年はかかります。1年目は一緒に働く人や業務フローを覚え、それを踏まえて2年目は与えられた目標を達成する。3年目は、蓄積した知見やスキルを基に自分なりの成果を出せるようになります。

 もちろん成果が出るまでの時間は人によって違いますが、どんなに能力が高い人でも、新しい環境で存分に力を発揮できるようになるまでには一定の時間がかかります。そこには、必ず他人が関わるからです。個人で活動する完全歩合給の仕事だとしても、事務担当者や顧客サポートの担当者などに支えられています。こうした人との信頼関係が築けて初めて自分の能力をフルに発揮できます。その意味でも、3年は辞めない方がよいと言えます。

 一方で、「会社を理解するには3年かかる、新卒から3年間はどんな会社で働いても同じだ」という意見には疑問があります。世の中には、労働環境が過酷で、自分の成長など意識する余裕もないような会社も存在します。会社全体の風土は良くても、問題のある管理職がいる部署に配属されることもあります。こうした場合は、3年を待たずに思い切って辞めてしまってよいのではないでしょうか。

 かくいう私も10年前までは、「3年は今の会社で頑張った方がよい」とアドバイスしていたこともありました。しかし今は、時間の流れが当時よりも格段に早くなっています。ダメな環境で3年も働くのは、時間の無駄遣いになってしまいます。