人手不足を背景に、求人倍率は高い水準が続いています。筆者の周囲でも、人材エージェントを介すまでもなく、マッチングサイトなどを通じて採用が決まっている様子を見聞きしています。企業が転職希望者を奪い合っている状況と言えそうです。

 一方で、景気は不透明感を増しています。内閣府が2019年5月13日に発表した景気動向指数(速報)では、基調判断が「悪化」となりました。今回は、景気が悪くなると転職市場がどう変わるかを見ていきましょう。

不景気の転職市場、求人のクローズが相次ぐ

 不景気になると、求人は一気に冷え込みます。筆者も20年ほどの社会人生活の中で何度も転職活動をしましたが、ある日突然状況が一変するのを肌で感じてきました。

 採用予算を確保していた企業も、次々と求人をクローズ、つまり採用しないまま募集を停止します。この場合の予算とは採用活動にかけるお金ではなく、新規採用する人材の人件費のことです。つまり人を増やすのはやめようという判断になるわけです。

 先週人材エージェントに紹介されたばかりの求人案件にストップがかかることもあります。選考が途中まで進んでいても、経営判断で中途採用を全面停止するということもあるのです。

 第1志望の企業で求人のクローズが始まると、転職希望者は「ちょっと条件が悪い」「自宅から少し遠い」などの理由で優先度を下げていた求人に応募しようとします。でも既に時遅し、そちらもクローズされていた、という状況も日常茶飯事になります。

人材エージェントも会ってくれなくなる

 人材エージェントとも、以前のように会えなくなります。転職市場が活況のときは、エージェントも気持ちに余裕を持って転職希望者に会ってくれます。既にある程度の売り上げが達成できているため、自分が担当する企業や案件に合わない転職希望者にも気軽に面談してくれるのです。その面談内容を基にその人を企業に紹介したり、パートナーの人材エージェントに紹介してくれたりするため、結果として転職が決まりやすくなります。

 しかし、景気が悪くなると状況は一変します。転職仲介サービスに登録しても、スカウトメールが来なくなります。転職者にしてみれば「自分は価値のない人間なのか」と思ってしまうくらいの恐怖です。

 人材エージェントにメールを送っても、返信が来なくなることもあります。さぞかし忙しいのかと思い電話をしてみると、景気の良いときと対応が変わります。例えば、こんな具合です。

「お会いしても案件がないと大変申し訳ないので、電話で今から10分ほどインタビューさせていただいてよいですか?」
「在職中ですか、離職中ですか」
「ご年齢は」
「現在の役職、お仕事の内容は」
「ご家族は」
「持ち家、借家どちらですか」

 ……このように、いきなり踏み込んだ質問を次々に繰り出されます。無駄を極力省いて、転職が決まりそうにない人には会わない傾向が強くなるわけです。景気が悪くなると、転職を希望しているのに全くエージェントに会えないという状況も起こり得ます。

 これは、転職活動をする上でとても不安です。ましてや、一度退職して転職活動をしている人にとって、「エージェントにすら会えない」というのはかなりのストレスです。

 このように、今は何気なく会ってくれる人材エージェントも、状況が変われば全く会えない人になります。今、人材エージェントに会える状況にいる人は、ありがたいことだと思って積極的に機会を活用するとよいでしょう。