転職を検討している人から「履歴書に空欄を作りたくない。大した資格は持っていないが、保有資格欄に記入してもよいか」と聞かれることがよくあります。

 資格は、その分野で最低限の専門知識があるという証明だと言えます。中途採用面接も、応募者の持つ専門性がどの程度かを確認することから始まります。資格があれば、その作業を短縮できるメリットがあります。資格があればその会社で仕事ができるとは限りませんが、資格があることで「最低限の専門能力はある」と分かるのです。

 例えば仕事で英語を使う可能性がある求人の場合。TOEICが800点以上なら、その仕事で問題なく話せるかどうかは分からなくても、一定のボキャブラリーはある、という前提で面接を始められます。英語スキルの詳細や、その他の専門能力の確認に時間を費やせるため、限られた面接の時間がより有意義なものになります。

 悩むのは、それほど強いアピールになるとは思えない資格の場合です。例えば、TOEICが450点のときはどうしたらよいでしょう。一般的に、TOEICの初級とされるレベルです。

アピールにならなそうな資格でも書いた方がよい?

 これを履歴書に書くべきかは、状況によって異なります。まず日常業務で英語を使う職場に応募する場合、多くの人材エージェントは、履歴書には書かないようにとアドバイスするでしょう。実際には十分な英語スキルがあっても、「TOEIC450点」という記述が目立ってしまい、「英語でスムーズに業務をこなせるか」と不安を与えかねません。自分の実力に見合わない資格なら、あえて書かないという方がよい場合があるのです。

 英語が求められていない職種に応募する場合はどうでしょうか。記入しても中途採用選考には意味がないだろうと思い込み、記入しない応募者をよく目にします。しかし私は、しっかり記入することをお勧めしています。保有資格によって、人柄や考え方の傾向を確認できるからです。これは英語に限らず、簿記3級や大型自動車免許なども同じです。

 その職種に直接関係がない資格でも、面接官の目に留まれば、面接官は「なぜ、この資格を取得したのか」「仕事に関係がない資格を取得するために、時間をどうやりくりしたのか」「それほどの努力をするモチベーションは何か」といったことが気になります。こうした質問に答えることで、自分の興味や関心、やる気や能力などを伝えることができます。応募職種で求められている能力の有無だけでなく、自分という人間をより立体的に理解してもらうことにつながります。