トヨタ自動車が2018年6月26日に発売した新型の上級セダン「クラウン」は、FR(前部エンジン・後輪駆動)車用に開発したナロー(狭幅)型の「GA-L(Global Architecture-L)」プラットフォームを初めて適用した(図1)。

図1 新型クラウン
(撮影:宮原一郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 同プラットフォームは、世界共通の設計指針「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づいて開発した。レクサスブランドの「LS」や「LC」に適用しているGA-Lプラットフォームの横幅を狭めたものである。

 日本専用車の新型クラウンは国内の顧客に配慮して、全幅を先代車と同じ1800mmに抑えた。LSの全幅(1900mm)より100mm狭い。LSのGA-Lプラットフォームの横幅を狭めることで実現した。全幅を狭くしたことでクラウンの最小回転半径は、「プリウス」並みの5.3m(16・17インチタイヤ装着時)に小さくできた。これにより、狭い道路や空間で回りやすくなった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら