トヨタ自動車が2018年6月26日に発売した新型の上級セダン「クラウン」は、”粘り強さ”の異なる2種類の高張力鋼板をセンターピラーに使用して側面衝突に対応した(図1)。

図1 新型クラウン
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車には、レクサスブランドの「LS」や「LC」に適用したFR(前部エンジン・後輪駆動)用プラットフォームの「GA-L」を採用した。世界共通の設計指針「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づいて開発したものである。センターピラーへの高張力鋼板の使い方も、レクサスLSや同LCと共通する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら