トヨタ自動車が2018年6月26日に発売した新型の上級セダン「クラウン」は、後方から近づいてくる歩行者を検知して自動でブレーキをかけるシステムを搭載した。同システムは既にレクサスブランドの「LS」に搭載しているが、トヨタ車に搭載するのは今回が初めてである(図1)。

図1 新型クラウン
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車に標準搭載した「パーキングサポートブレーキ」は、駐車場において後方から近づいてくる歩行者を、車両後部のナンバープレート上部に装着した単眼カメラで検知する。同カメラは、「パノラミックビューモニター」(車両周囲の映像を上から俯瞰して映し出すシステム)用のリアカメラと兼用する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら