10Gビット/秒で通信できる10ギガビットイーサネット(10GbE)。例えばファイルサーバーであれば、もはやローカルドライブと変わらない転送速度が得られる。ここにきてネットワークカードで1万円台の製品が登場。KDDI(au)が10GbE対応の光回線サービスを始めるなど、普及の機運が高まっている。本特集では、手に入りやすくなった10ギガイーサがもたらすメリットやその落とし穴などを5回にわたって解説する。

 データセンター並みの最大10Gビット/秒で通信できる10ギガビット・イーサネット(10GbE)。1万円台で購入できる安価なネットワークインタフェースカード(NIC)はあるものの、現在普及している比較的古めのカテゴリー5e(Cat.5e)ケーブルが使えないケースがある。

 ただし、「マルチギガビット・イーサネット」対応の激安10ギガイーサと古いLANケーブルを組み合わせれば、速度が最大5倍に向上する。マルチギガビット・イーサネット対応の製品であれば、Cat.5eでも最大5Gビット/秒の速度を実現できるからだ。Cat.5eは通常、最大1Gビット/秒のギガビットイーサネットで広く使われている。

 激安の部類の10GbEは、信号伝送にメタルケーブルを使う「10GBASE-T」規格に準拠しているものがほとんどだ。ケーブルは「カテゴリー6A(Cat.6A)」や「Cat.7」と呼ぶ高周波の伝送に向く仕様が推奨だが、NICによっては「マルチギガビット・イーサネット」や「NBASE-T」と呼ばれる1Gビット/秒超・10Gビット/秒未満の高速イーサネット仕様を利用できる。Cat.5eのイーサネットケーブルを壁内配線しているようなケーブルの置き換えが困難な環境や、ネットワーク機器の付属品で余ったCat.5eのケーブルを流用して費用を抑えたい場面で威力を発揮する。2016年9月にIEEE 802.3bz-2016規格で2.5GBASE-T、5GBASE-Tとして標準化されている。

台湾エイスーステック・コンピュータ(ASUSTeK Computer)の激安10GbE対応NIC「XG-C100C」のリンク速度設定画面
10Gビット/秒以外にも、5Gビット/秒や2.5Gビット/秒の速度を指定できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば実売1万3000円の台湾エイスーステック・コンピュータ(ASUSTeK Computer)の低価格ネットワークインタフェースカード(NIC)「XG-C100C」は、マルチギガビットに対応している。10Gビット/秒以外にも、5Gビット/秒や2.5Gビット/秒のリンク速度をデバイスドライバで選択可能だ。

 ネットワークスイッチでも、実売2万8000円前後で入手できる米ネットギア(Netgear)の「NETGEAR GS110MX-100JPS」や実売5万1000円前後の「NETGEAR XS505M-100AJS」などが対応済み。ポートのLEDの点灯パターンでリンク速度を確認できる。

1番ポートが10Gビット/秒、3番ポートが5Gビット/秒でリンクしている
写真はマルチギガビット対応のNETGEAR XS505M-100AJSのもの。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら