決勝戦ともなれば10億人以上が視聴すると言われる、世界最大規模のスポーツイベント「サッカーW杯」(2018FIFAワールドカップ)のロシア大会(6月14~7月15日)が開幕した。大会の注目は、苦戦が予想されている日本代表が予選を突破できるか、そしてどの国のチームがW杯をつかむかだが、今回は“舞台裏”も面白い。

 近年、さまざまなスポーツでテクノロジーの導入が急速に進められているが、ロシアW杯ではサッカーに大きなインパクトをもたらす2つの技術が正式に導入されている。「トラッキングデータのリアルタイムの活用」と「VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)」である。前者はチームの戦い方をリアルタイムのデータに基づいて試合中に変更したりすることを可能にする。後者は試合での判定ミスや悪質なプレーの見逃しを減らせる効果がある。

2台のタブレットを提供

 国際サッカー連盟(FIFA)は2018年5月16日、サッカー場に設置したトラッキング(追跡)システムなどが取得したプレーのデータを各チームがリアルタイムに活用する仕組みの導入を発表した。サッカーのルールの制定など重要事項を決定する機関である国際サッカー評議会(IFAB)が、小型の携帯端末をベンチに持ち込むのを認めたことを受けての決定である。

FIFAが2018年5月16日に出したプレスリリース。W杯ロシア大会でプレーヤーのデータ(スタッツ)を見られるタブレット端末が試合で使用されることを伝えた(図:FIFA)
[画像のクリックで拡大表示]

 昨今、トラッキングシステムの導入が多くのプロスポーツで進んでいるが、試合中にデータを分析して現場にフィードバックすることを認めているリーグや大会はまだ数少ない。先進事例の一つは、女子テニス協会(WTA)が運営する女子プロテニスのツアー大会である。

 W杯ロシア大会では、各チームにFIFAが公認したタブレット端末が2台提供される。1台はスタンドから試合をチェックするチームのアナリスト(分析官)向けに、もう1台はベンチにいるコーチ陣向けである。

 トラッキングシステムは2台のカメラを使用するもので、選手とボールの位置データを取得する。統計処理をしたデータとライブの映像はアナリスト向けに設置されたサーバーに転送され、タブレットのアプリでそれらを参照できる。

 アナリストは選手のプレーデータなどをチェックして、試合の状況を分析。専用アプリを使って戦術について検討すべきポイントを絞り込む。そしてタブレット上でポイントを書き込んだ静止画をベンチにいるコーチに送り、無線で交信する。コーチはチャットツールを使ってメッセージを返答するなど、アナリストと戦術などについて試合中に話し合えるという。

 こうしたシステムの導入は、試合中の采配にも影響を与える可能性がある。例えば、トラッキングデータからコンディションが不調な選手を交代させたり、逆にコンディションが悪い相手選手の“穴”を突くように適宜戦術変更をしたり、といった具合だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら