(前回から続く)

 前回は802.11axが必要とされるようになった理由について解説した。802.11系の無線LANで採用されるCSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)という仕組みが多数の端末が集中する混雑した環境で、スループットの低下を引き起こす。この改善を試みたのが802.11axだ。

 802.11axでスループット改善の鍵となったのが、複数の端末間の送受信を同時に行う「マルチユーザー伝送」だ。複数の情報を1度に送信する多重化技術を利用する。802.11axは複数ユーザーの端末からアクセスポイント(AP)へ同時に送信するアップリンクマルチユーザー(Uplink Multi-User:UL MU)伝送を新たに導入した。

 802.11axは伝送データの多重に「MU-MIMO (Multi-User Multiple-Input, Multiple-Output)」と「OFDMA (Orthogonal Frequency Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続方式)」が使えるようになっている(図1)。MU-MIMOが空間を利用してユーザーを多重するのに対して、OFDMAは周波数でユーザーを多重する方式である。

 実はマルチユーザー伝送に対応したのは802.11axが初めてではない。802.11acはAPから端末への下り方向のマルチユーザー伝送(Downlink Multi-User;UL MU)に対応し、多重にはMU-MIMOが使われていた。ただし、802.11axになってその多重数は4から8に増えている。

図1 MU-MIMOとOFDMA
802.11axでは多重にOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access:直交周波数分割多元接続)とMU-MIMO(Multi-User Multiple-Input, Multiple-Output)の2つが使える。MU-MIMOが空間でユーザーを多重するのに対し、OFDMAは周波数でユーザーを多重する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら