択一式試験の直前に確認しておきたい用語や数値について、分野ごとに整理してまとめました。択一式試験では、専門用語の意味や社会資本整備の実態を示す数値の正誤について毎年、出題されていますが、基本的な知識の有無を問う内容が中心で、概要を押さえておけば解答できるレベルです。

 一方、数値の場合は、2017年度は16年度に比べ、詳細な値が出題されるケースが見られました。18年度も細かい数値が問われる可能性もありますが、まずは「○割程度」や「○割以上」といったおおよその値やピーク時と比べた際の割合、増減などのトレンドを理解しておきましょう。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。