2017年度の出題形式は13~16年度と同様に、全20問から15問を選んで解答する五肢択一式の形でした。試験時間や合否決定基準も16年度などと同じです。過去問題や国土交通白書、時事的な話題、環境やエネルギー、専門用語などから出題されており、出題パターンに大きな変化は見られません。ただし、それらの割合や選択肢の内容が大きく変わりました。

 17年度も過去問題を基にした設問が最も多く、全100の選択肢のうちの約半分を占めています。ただし、過去問題とほぼ同じ内容の選択肢は、3割程度だった16年度から2割に減りました。5つの選択肢全てが過去問題と同じ内容の設問はなくなり、「i-Construction」など新しいキーワードを交えて問う形になってきたようです。

 また、過去問題の数値を最新のものに置き換えた選択肢が増えてきたのも17年度の特徴です。例えば14年度の問題を基にしたI-1は、ほとんどが17年1~3月に公表された資料から出題されました。二酸化炭素の排出量がテーマのI-8では、14年度のグラフを17年4月に環境省が発表したデータに更新しています。

 過去問題に次いで多いのが、国土交通白書からの出題です。17年度は全100の選択肢のうち、16年度と同等の3割程度を、過去問題との重複を除くと約2割を占めています。国土交通白書2016の本文だけでなく、参考資料編や欄外の注釈からの出題もありました。16年度までは数値の多寡や増減の傾向を問う内容が中心だったのに対し、17年度はより具体的な値を尋ねる傾向が見られます。白書の本文だけでなく、グラフや表にも目を通し、主な数値や動向を押さえておく必要がありそうです。

 20問全体に共通しているのは、13~16年度の試験でも見られたように、「最も適切なものはどれか」や「最も不適切なものはどれか」という問い方になっている点で、全20問中18問が「最も不適切なもの」を選択する形でした。以下では、18年度の出題内容を推測するために、17年度に出題された全20問について解説します。特に重要なキーワードなどは、解説の文中に太字で示しました。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。