住宅会社の若手育成が、従来のスパルタ式からゆとり型へと急転換している。急成長による即戦力化を求めるのではなく、教育にしっかりと投資を行ったうえで本人の成長をじっくりと待つようになってきたのだ。変わらなければ、“金の卵”である若手の確保もままならないという現実と向き合っている組織をリポートする。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。