プロジェクトが完了したら、経験から得た教訓をチーム内で共有する「振り返り」を実施する。メンバーの成長を促すためには欠かせない取り組みだ。ただ、振り返り方に問題があるリーダーがいる。メンバーの問題点の指摘と改善策の指導ばかりする「ダメ出し型」の切れ者リーダーは、部下を潰してしまう。

(イラスト:小林ちか子)

 リーダーの立場からはどうしてもメンバーの問題点が目に付く。振り返りで問題点を指摘して、反省を促したり、どのように改善すべきかを具体的に指導したりしたくなる。いわゆる「ダメ出し」だ。

 ダメ出し型のリーダーの下では、メンバーはリーダーの意向に沿うような意見や行動を取ろうとする。短期的にはリーダーにとって統制しやすいチームになるが、メンバーは自分で考えようとしなくなる。そして、言われた仕事しかしない、挑戦せず無難に処理しようとするという行動様式になる。複雑な問題を解決する人材像から離れていくのだ。これは部下を潰しているも同然である。

 振り返りそのものが悪いわけではない。メンバーの能力向上には、節目ごと経験を振り返り、知見を導き出し、得られた知見を試し、新たな経験をするというサイクルが欠かせない。この一連のサイクルを「学習サイクル」と呼ぶ。リーダーには、学習サイクルを適切に回すことが求められる。

メンバーの能力を高める学習サイクル
[画像のクリックで拡大表示]

 冒頭のような振り返りは学習サイクルを回すには不適切。ダメ出しは百害あって一利なしだ。次のような兆候がある振り返りは、不適切な状態になっている。

  • リーダーがメンバーを説教する
  • 評論家的な発言が横行している
  • 思ったことや感じたことを率直に口に出せない雰囲気がある
  • 問題点のみがクローズアップされ、改善策が一方的に提示される

 一方、適切な振り返りは、以下に挙げるような状態になっている。

  • 上下関係を越えて話し合い、皆が考える場になっている
  • 全員が当事者として参加し、最善を尽くしたという前提に立つ
  • 各メンバーが体験したことや感じたことを率直に述べて、皆で共有しようとしている
  • 良かった点を見つけ出し、スポットライトを当てている
  • 問題点はその背景を深く考えて、改善策を共に考える

 適切な振り返りとなるよう、リーダーが場を差配しよう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら