閉じる

Excelで時短

ナカノアキラ=プランニング・ファクトリー サイコ
日経 xTECH

目次

  • 芸がないExcelの配色、クリック一発で見栄えをがらりと変える

     Excelでテーブルやグラフを作成すると、初期設定の配色やフォント・スタイルが適用されるようになっている。ただ、毎回同じ配色だと飽きてもくるし芸もない。たまには違う配色で気分転換をはかるのもいいのではないか。

  • 進捗管理のガントチャート、Excelで上手に作成するコツ

     ガントチャートはプロジェクトの進捗管理やスケジュール管理などに用いる。仕事にとても役立つツールだ。ところが、Excelが備えるグラフの種類にはガントチャートがない。図形機能を用いてガントチャートを作成した経験を持つ人もいるのではないか。

  • Excelで素早く条件設定、ANDとORを使いこなす

     試験の成績表があって、筆記が80点以上、実技も80点以上ならば合格できるとする。この成績表に「合否」を表示したい場合、この連載で何度か取り上げたIF関数が利用できる。ただし、その際はもう1つの関数を組み合わせる。

  • 消費税の計算で思わぬミスも、Excel関数で防ごう

     ご存じのように、特定の桁で4以下は切り捨て、5以上を切り上げることを四捨五入という。Excelはこの四捨五入を、私たちの知らぬ間に、頻繁に実行している。実はこの点を見逃していると、ちょっとした失敗をしでかすことがある。

  • 配布するExcelシート、編集されたくないセルを保護する方法

     作成したExcelシートを大勢の人に配布し、必要事項を記入後に返送してもらいたいことがある。記入してほしいセル以外も誤って編集されると、シートの内容がおかしくなってしまう。それに気づかず集計すれば、思わぬ手戻りが発生する。

  • うっとうしい「¥0」、Excelで非表示にする方法

     見積書や注文書など、あらかじめ計算式を設定した書類を作ると、自動的に「¥0」が表示されてしまい、大変うっとうしい。この「¥0」を非表示にする方法は幾つかある。

  • 意外とカンタン、Excelで複合グラフを作る

     実数と割合のように、棒と折れ線を組み合わせたグラフを作りたいことがよくある。かつて、このような複合グラフを「Excel 2003」などの古いバージョンで作ろうとした場合、かなり工夫が必要だった。しかし今や、ずいぶん容易に複合グラフを作れるようになっている。

  • Excelで「######」や「#DIV/0!」、簡単な対処法

     突然セルにエラーが出たらドキリとする。しかし、あらかじめエラーの種類と対策について理解していれば恐れるに足りず。まず見てもらいたいのが、Excelで生じる代表的な6つのエラーだ。それぞれの症状と対処法を紹介しよう。

  • 半角カナ交じりのExcelシートにうんざり、全角に一発変換

     他の人からもらったExcelのシートを見て、うんざりすることがたびたびある。その1つが、半角カタカナを使用しているシートだ。半角カタカナには文字化けなどのトラブルがつきもの。シート内のデータを別のソフトやシステムで活用しようとしたとき、不具合を招きやすい。

  • Excelの「>」や「<」を使いこなしていますか?

     数式で利用する「=(等号)」は、比較演算子の一種だ。比較演算子には、これ以外にも「>(大なり)」「<(小なり)」「>=(以上)」「<=(以下)」「<>(不等号)」があるが、あまり使ったことがないという人も多いに違いない。

  • 完成したExcelグラフ、追加データを一発で反映するワザ

     日ごとや週ごと、あるいは月ごとのデータをExcelで管理している人は多いだろう。こうしたデータをグラフにする場合、新規データを追加したらそのままグラフに反映したいものだ。ところが実際には、次に示すような「回り道」をとっている人が少なくない。

  • 絞り込みに苦労、Excelで容易にデータ検索する術

     Excelのフィルター機能は便利だが万全ではない。OR条件、すなわち「AまたはB」には対応していないのだ。これに不満を覚えている利用者もいるだろう。

  • 狭くてイラつく、Excelシートを広々と使う作法

     最近のディスプレーサイズは、16:10など横幅の広いワイド型が主流になっている。このような画面にExcelを表示すると、シートの縦側の幅がどうしても狭く感じる。

  • 積み上げグラフの表示、Excel弱点の補い方

     棒グラフの一種に積み上げグラフがある。もちろんExcelを使うと積み上げグラフも容易に作れる。ただ、Excelで作った積み上げグラフにはちょっとした弱みがある。合計を自動的に表示できない点だ。

  • フローチャートの見栄え、Excelで簡単に改善する方法

     作業やデータの流れを示すフローチャートは、仕事の様々な場面で使われている。Excelの「図形」機能を用いてフローチャートを作った経験のある人も少なくないだろう。しかし時間がかかる割に、自分が作るとなんだかバランスが悪い。

  • Excel関数は苦手でいい、ただしIFだけは覚えよう

     Excelの関数には、これを押さえておくと関数の世界が一気に広がり、使うのが楽しくなる「キラー関数」がある。とりわけ筆者がお薦めしたいのはIF関数だ。仕事に断然使えるし、脱Excel初心者も夢でなくなる。

  • ノートPCでExcelの範囲選択、イライラしたときの対処策

     マウスがないノートPCでExcelを使うと、不便さを感じることがいくつかある。特にセルの範囲を選択する操作はその典型だろう。タッチパッドで指を震わせながらカーソルを動かし、慎重に範囲を選択している中高年も多いかもしれない。そんな人に利用してほしいのが、今回紹介する「名前ボックス」だ。

  • Excelグラフの見栄えは変えず、数値だけを変える方法

     見栄えは一緒ながら、中身が異なるグラフを作りたいことがよくある。例えば、アンケート結果のグラフを、同じデザインで実施年ごとに作りたい、といったケースだ。今回は、その際に活用できる時短ワザを紹介したい。

  • 重複データをExcelで簡単に発見する方法

     データの二重登録は、入力ミスの代表例といえる。1つのデータを複数登録してしまうと、データの重複が発生する。これを回避するには、入力時に重複データを発見できるようにしておくことが肝心だ。

  • 絵心はいらない、簡単な作図はExcelのアイコンを

     Excel 2016には「アイコン」という機能がある。Excelのシートに簡単にイラストを挿入できる機能で、絵心がなくてもサクサク図解できる。今回は、このアイコン機能の上手な使い方を解説しよう。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る