筆者は職業柄、年表を作ることが多い。その際には必ずExcelのテーブル機能を用いている。今回はそのコツを紹介したい。

テーブル機能で年表を作る

 まず、年表の見出しを作成し、次に年表の項目を2、3件入力する。そうしたら、表内のセルを選択して、「ホーム」タブの「テーブルとして書式設定」ボタンから好みのテーブルスタイルを選択する。ダイアログが現れるので、範囲や「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認して「OK」を押す。すると、テーブル形式の年表になった。

年表の見出しと項目をいくつか入力してテーブルにした。続いて入力しやすい環境を作る
[画像のクリックで拡大表示]

 では、快適な入力を実現するために、あらかじめ日本語入力環境を調整しておく。A列とB列の「年」と「月」に入力するのは数字だ。また、C列の「事項」は日本語を入力するケースが多くなるだろう。入力モードをいちいち切り替えなくていいように、「データの入力規則」を設定する。

A列とB列は英語の入力モード、C列は日本語の入力モードに設定する。これで快適に項目を入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 まずA列とB列の列見出しを選択して「データ」タブの「データの入力規則」ボタンを押してダイアログを開く。「日本語入力」タブを選んで、「日本語入力」から「オフ(英語モード)」を選択し「OK」を押す。

 続けてC列の列見出しを選び、同じく「日本語入力」から「ひらがな」を選んで「OK」を押す。以上の設定で、A列とB列は英語の入力モード、C列は日本語の入力モードに自動的に切り替わる。ちょっとした設定ながら、作業効率に大きな違いが出る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら