作業や工程の手順を図解で表現したいことがよくある。こうした図解はSmartArtを利用するとテキパキ作成できる。

SmartArtで図解を時短

 SmartArtは図解のひな型を持つ。そのためユーザーは、テキストを追加するだけで、センスの良い図解を素早く作成できる。デザインに自信のない人には有り難い機能だ。

 まず、「挿入」タブから「図」ボタンをクリックして、「SmartArt」を選ぶ。「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが開くので、ここでは「手順」から「基本ステップ」を選んだ。「OK」を押すと、「基本ステップ」のひな型がシートに現れる。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログから利用したいSmartArtを選択して「OK」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

 シートに挿入した「基本ステップ」は3つの図形が水平に並び、図形の間には矢印がつく。左端の図形の「テキスト」をクリックすると、入力状態になるので、テキストを入力すればよい。また、枠の左端中央にある「<」ボタンをクリックすると「テキストウィンドウ」を表示できる。ここからでも図形の中にテキストを入力できるようになっている。

テキストは図形に直接入力できる。図では「テキストウィンドウ」経由でテキストを入力している
[画像のクリックで拡大表示]

 図形を追加したい場合は、「SmartArtのデザイン」タブにある「図形の追加」から「後に図形を追加」か「前に図形を追加」を選べばよい。図形の数が多くなると窮屈になるので、ハンドルをドラッグして描画エリアを横に広げよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら