Excelで作る表はどうしても、数字の羅列になってしまいがちだ。できれば数字が持つ意味をビジュアル化して、より表現豊かな表にしたい。

 例えば、下図のようなボーリングの得点表。D列には各プレイヤーの合計点を算出している。もちろん合計の計算には、以前取り上げた「オートSUM」を利用した。

 これだけでも事実は伝わるが、例えば各ゲームおよび合計の最高点と最低点が強調表示されたとしたら、断然表現力が高まるだろう。この例の場合、最高点すなわち最大値は、次の方法で簡単に強調表示できる。

まずは最高点の強調表示から

 まず、B2:B8セルを選択する。すると選択範囲の右下に「クイック分析」ボタンが現れる。これをクリックして「上位」を選ぶ。たったこれだけで1ゲームの最高点である「210」を強調表示できた。

最高点を強調表示する
「クイック分析」ボタンの「上位」を用いて、1ゲーム目の最高得点を強調表示にした。なお「上位」は「上位10%」であるため、データ数が多くなると複数セルが強調表示になるので注意
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてB2:B8セルに設定した、最高点を強調表示する書式を、2ゲーム目と合計にも適用する。B2:B8セルを選択している状態で、「ホーム」タブの「書式のコピー/貼り付け」ボタンをダブルクリックする(クリックではないので要注意)。そうしたら、まずC2:C8セル、続けてD2:D8セルをドラッグして書式を適用する。すると、2ゲーム目と合計でも最高得点を強調表示できた。

2ゲーム目と合計の最高点を強調表示する
B2:B8セルに設定した書式を、C2:C8セル、D2:D8セルにそれぞれ適用する。C2:D8セルをひとまとめに選ぶと、この範囲内の最高点である「431」のみが強調表示になる
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、「書式のコピー/貼り付け」ボタンのダブルクリックは、連続して書式を適用するための時短ワザだ。ぜひとも覚えておきたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら