Excelで「126000」を「126,000」と表示したい場合、「ホーム」タブの「数値」グループにある「桁区切りスタイル」をクリック、また「\126,000」ならば同じく「通貨表示形式」ボタンをクリックすればよい。これらについてはもはや説明するまでもないだろう。

 では、Excelで「12万6000円」と表示するにはどうしたらよいだろう。もちろん、手入力による「12万6000円」は文字列扱いで、計算には使えないから駄目だ。

「表示形式」で和文の通貨に

 Excelで表示する数値は、「セルの書式設定」の「表示形式」で多様に調整できる。「12万6000円」などの表示も、この機能を利用することになる。

 まず、表示形式を変更したいセルを選択したら、「ホーム」タブの「数値」グループ右下隅にある「→」をクリックして「セルの書式設定」ダイアログを開く。「表示形式」タブを選び、「分類」から「ユーザー定義」をクリックする。

「セルの書式設定」ダイアログ→「表示形式」→「ユーザー定義」で「#,##0」を「#万###0円」と書き換えて「OK」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

 表示形式を調整していない場合、「種類」は「G/標準」となっているので、「種類」の一覧から「#,##0」を選択する。すると「種類」には「#,##0」と入った。これは「数値にカンマを入れ、1未満は四捨五入する」を意味している。

 次に、「#,##0」を「#万###0円」と書き換えて「OK」ボタンを押そう。はい、一発で「12万6000円」などと表示できた。これらはもちろん数値だから計算にも利用できる。

値に「万」と「円」を付け加えられた。手作業で「12万6000円」と入力すると文字列になり計算に使えない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら