Excelを使うと見栄えの良いグラフを一発で作れる。ただし作成したグラフには、見栄え以前に守るべき鉄則がある。

 下図の棒グラフは、A2:C8セルを選択し、「挿入」タブから「縦棒/横棒グラフの挿入」ボタンをクリックして、「集合縦棒」を選んで作った。その後、下辺中央のハンドルを下にドラッグして、グラフエリアを大きくしている。

グラフが一発で出来上がった
縦棒グラフが出来上がった。範囲を選択して目的のグラフを選べば、だいたい望みどおりのグラフが完成する。図のグラフは出来上がり後、サイズのみ調整した
[画像のクリックで拡大表示]

 このようにExcelでは一発でグラフを作れるが、このまま報告書に載せてはいけない。そもそも、グラフには不可欠な要素があり、現状のままでは適切な要素を持つグラフには仕上がっていないからだ。

 まず「グラフタイトル」が無い。このままだと何のグラフか分からない。タイトルを入力するには、「グラフタイトル」を選択し、カーソルを「グラフタイトル」のテキストボックスの中に置いてタイトルを入力する。これが一般的な方法だ。

 ただし今回の場合、A1セルに表のタイトルが入力してある。前回紹介した便利な裏技を使って、このタイトルをグラフのタイトルに流用してしまおう。

 まず、「グラフタイトル」を選んでアクティブにする。次に「数式バー」をクリックしてカーソルを置き、「=」と入力する。さらに、タイトルが入力してあるA1セルをマウスで選択して[Enter]キーを押す。はい、これでA1セルのテキストをグラフのタイトルに流用できた。

グラフタイトルを流用する
セルに入力済みのテキストをグラフタイトルに流用した。いちいちテキストボックスに文字を打ち込むより快適だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら