複数のメンバーでExcelのシートを共有する場合、コメント機能が役に立つ。これはシートに書き込める注釈のようなものだ。中でも最新のExcel for Office 365では、従来のコメント機能に加えて、新たにノート機能が追加され、チームの生産性をさらに高められる。

ノートとコメントの違い

 新たにノート機能が追加されたと紹介したが、このノート機能は従来のコメント機能だと考えるのが妥当だ。ノートを追加したいセルを選択して、「校閲」タブの「メモ」から「新しいメモ」を選ぶ。すると、従来のコメント機能と同様、吹き出しが現れてコメントを入力できる。

ノートを追加してコメントを入力した。ご覧のようにノートは従来のコメント機能と同じ仕様になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 コメントを入力した後、どこかのセルを選択すると、ノートは非表示になり、セルの右上隅に赤いマークがつく。これはノートがある印だ。このセルにポインターを合わせると、再びノートの吹き出しが現れる。このように、ノートは、従来のコメント機能の名称が変わったものと理解するのがよさそうだ。

 むしろ機能的に新しいのはコメント機能の方で、新たにスレッド化されて、メンバーとディスカッションできるのが大きな特徴になっている。

 まず、コメントを追加したいセルを選択して、「校閲」タブから「新しいコメント」を選ぶ。テキストボックスが表示されるので、ここにコメントを入力する。そして、その下にある「投稿」ボタンをクリックする。

 するとコメントの下に「返信」と書いたテキストボックスが現れる。こちらは投稿されたコメントに返信するためのものだ。コメントに返信すると、スレッド化されて、前のコメントに新しいコメントが追加されていく。これはシートの共有者と密なコミュニケーションを取るための強力なツールになる。

コメントを追加した。特徴は追加したコメントに返信して、コメントをスレッド化できるところだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら