Excelで漢字を並べ替えると、漢字が持つふりがなを基準にして昇順または降順で並びが替わる。ふりがなを表示するには、漢字が入力してあるセルを選択し、「ホーム」タブの「ふりがなの表示/非表示」ボタンをクリックすればよい。漢字のセル内上部にふりがなを表示できる。

 表示されるふりがなは、漢字変換する前の仮名に対応している。よって、「ほんぐう」と入力して「本宮」に漢字変換した場合、ふりがなは「ほんぐう」になる。これに対して、「もとみや」と入力して「本宮」に漢字変換した場合、ふりがなは「もとみや」になる。

ふりがなを表示する
漢字を選択して「ホーム」タブの「ひらがなの表示/非表示」ボタンをクリックする。表示されるふりがなは漢字変換前の仮名になる
[画像のクリックで拡大表示]

ふりがなを表示できない時の対処法

 ところが場合によっては、ボタンを押してもふりがなを表示できないことがある。これは、「メモ帳」など別のアプリからコピー・アンド・ペースト(コピペ)したデータで起こる現象だ。このようなデータが紛れ込んでいるとちょっと面倒なことになる。

 下図は、「メモ帳」で入力した一部データをコピペし、五十音順で並べ替えたものだ。「小湊(こみなと)まい」が「本宮(もとみや)大作」の次にきているし、「本宮(ほんぐう)太郎」が最後にきていて、五十音順に並んでいない。

 全部の名前を選択して、「ひらがなの表示/非表示」ボタンをクリックすると、「小湊まい」と「本宮大作」にはふりがなが表示されていない。これらは「メモ帳」からコピペしたデータだということだ。

五十音順に並ばない
「メモ帳」などからコピペしたデータが混じっていると、並べ替えがうまくいかない。ふりがな情報がない漢字は、文字コードを基準に並べ替えが実行されたためだ
[画像のクリックで拡大表示]

 「メモ帳」からコピペしたデータはふりがな情報を持たない。そのためこのようなデータは、ふりがなではなく文字コードで並べ替えが実行される。結果、並べ替えがうまくいかなかったわけだ。ビジネスでこんなミスをおかしたら目も当てられない。この問題を回避するには、ふりがなのないデータにふりがな情報を付与してやればよい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら