Excelで時間を表示する場合、「8:00」などと入力する。するとExcelは、これが時間を示す値だと解釈する。Excelでは日付の足し算や引き算ができるが、時間も同様の計算ができる。

Excelで時間の計算をする

 例えば「8:00」に「12:00」を足すと「20:00」が返る。では、この値にさらに「12:00」を足すと、どのような値が返ってくるのだろうか。ちょっと予想してもらいたい。

「8:00」のように入力すると、Excelは時間の値と認識する。時間の値も24時間を基準に足したり引いたりできる
[画像のクリックで拡大表示]

 上図で示したように、B3はB1の「8:00」とB2の「12:00」の合計で「20:00」となっている。それにB4の「12:00」を加えたのがB5だ。B5には「8:00」が返っている。こうなるのはExcelが時間を24時間基準で計算しているからだ。12時間プラス12時間とは24時間のことであり、B1の8時に24時間を足すと、8時(B5)になるというわけだ。

 しかしながら、24時間基準で計算したくない場合もある。例えば下図はアルバイトの勤務時間を管理しているもので、「始業」から「終業」を引いてその日の勤務時間を計算し、これを合計している。

 問題は勤務時間の合計で、24時間基準になっているため、勤務時間が正しく計算できていない。この場合は時間を累計で計算する必要がある。さて、どうすべきか。

勤務時間を合計すると24時間基準になっているため正しく計算されない。この場合、時間の累積で計算する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら