「姓」と「名」のように、別々のセルに入力してある値を結合して、1つのセルに表示したいことがある。コピー・アンド・ペーストでも対応できなくはないけれど、データ量が多いとあまりにも時間がかかる。ここはやはり「&(アンパサンド)」を利用したい。

 下図を例に取ると、まず「姓」と「名」を1つにまとめて入力したいC2セルを選択する。そうしたら、「=」と入力してA2セルをクリックし、次に「&」と入力する。さらに続けてB2セルをクリックする。

 以上でC2セルの数式は「=A2&B2」になった。それでは[Enter]キーを押してみよう。はい、これで「姓」と「名」を結合して1つのセルに入力できた。つまりこの数式「=A2&B2」は、「&」を用いて「A2とB2を結合せよ」と命じているのにほかならない。

「姓」と「名」を結合して1つのセルに入力する
「&(アンパサンド)」を用いて「姓」と「名」のアドレスを指定する。たったこれだけで「姓」と「名」を結合して1つのセルに入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 「姓」と「名」を結合する際に、両者の間に区切りとしてスペース(空白文字)を入れたいことがある。このようなケースも「&」で簡単に対応できる。

 先と同じく「=A2&」と入力したら、次に「"(ダブルクォーテーション)」を入力する。そうしたら、続けて[Space]キーを押して空白文字を入力し、さらにもう一度「"」を入力する。以上で数式は「=A2&" "」となった。

 次に、再び「&」を入力し、最後にB2セルをクリックする。数式が「=A2&" "&B2」となったら完成だ。[Enter]キーを押してみよう。「山本 琢磨」というように、「姓」と「名」の間にスペースを入れられた。

 このように、「"」で囲った部分は文字列を意味している。「=A2&" "&B2」の場合だと、「A2セルと空白文字とB2セルを結合せよ」という意味になるわけだ。

「姓」と「名」の間にスペースを入れる
「=A2&" "&B2」のように、「"」で空白文字を囲い、これを「&」で結合する。そうすれば、「姓」と「名」の間にスペースを入れられる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら