Excelを使っていて悩むのは、1枚のシートに列幅の異なる表を上下に並べたい場合だ。その場合、セル結合をやり繰りして、上下の表の列幅を統一するという手法がある。

 しかし、列幅の異なる表を既に作成済みの場合、新たにセル結合による表を作成するのでは手間がかかる。そこで今回は「リンクされた図」を用いて時短を図りたい。

「貼り付け」の「リンクされた図」を利用

 下図は同じブックに「審査員」と「審査結果」という2枚のシートがあり、それぞれに列幅の異なる表を持つ。

「審査員」と「審査結果」というシートに、それぞれ列幅の異なる表を作成した。今回は「審査結果」の表を「審査員」の表の下に持っていきたい
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は「●審査員」の表の下に「●審査結果」の見出しを設けて、その下に「審査結果」シートにある表をレイアウトしたい。

 まず、あらかじめ「審査員シート」のA9に「●審査結果」と入力する。次に「審査結果」シートを選択して、A1:E8を選択してコピーする。再び「審査員」シートに移動し、A10を選択して、「ホーム」タブの「貼り付け」の「▼」ボタンから「リンクされた図」を選ぶ。

審査結果の表をコピーして、「審査員」シートに「リンクされた図」として貼り付ける
[画像のクリックで拡大表示]

 すると「審査結果」の表を図の形式で挿入できた。文字通り「図」と同様なので、四隅および上下左右のハンドルをドラッグしてサイズを調整できる。ここでは、横幅を上にある審査員の表とそろえるようにサイズを調整した。その際に[Shift]キーを押しながら右下隅のハンドルをドラッグすれば、縦横比を変えずにサイズを調整できる。

[Shift]キーを押しながら、貼り付けた図の右下隅のハンドルをドラッグして、縦横比を一定にしながら、幅を上の表と合わせる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら