ドーナツグラフとは、中央に穴が空いている円グラフを指す。この「穴」部分に合計などを表示したいが、Excelはそのための専用機能を特に持たない。以下の方法でより実用的なドーナツグラフにしよう。

ドーナツの「穴」のサイズを調整

 まず、下のドーナツグラフを見てもらいたい。こちらは、A1:B5を選択したあと、「挿入」タブの「円またはドーナツグラフの挿入」からドーナツを選び、「グラフツール デザイン」の「クイックレイアウト」で「レイアウト1」を選んだ。そのあとグラフエリアが正方形になるよう調整してドーナツグラフのサイズを大きくし、最後にデータラベルのフォントを「12」ポイントにしたものだ。

「クイックレイアウト」の「レイアウト1」を用いたドーナツグラフ。グラフエリアが正方形になるようにし、データラベルのフォントサイズも調整した
[画像のクリックで拡大表示]

 ご覧のように中央が空白になっている。これが先に記した「穴」に相当する。「穴」のサイズは自在に調整できる。いずれかのデータ系列(ドーナツ部分)をダブルクリックして、「データ系列の書式設定」作業ウィンドウを開く。「系列のオプション」を選択し、「ドーナツの穴の大きさ」を調整する。デフォルトはちょっと大きめだと思うので、ここでは「40%」にした。

「データ系列の書式設定」作業ウィンドウの「系列のオプション」を選択し、「ドーナツの穴の大きさ」を「40%」に調整する
[画像のクリックで拡大表示]

 この「穴」の部分に、今回は年間売上高であるB6の「¥26,400」を表示したい。ただ、冒頭でも述べたように、Excelのドーナツグラフの「穴」部分に合計やテキストを表示するには工夫が必要だ。ここでは「挿入」タブの「テキストボックス」を利用することにしたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら