表に罫線を付けるとシャープ感が一気に高まる。罫線は、「ホーム」タブにある「罫線」ボタンから設定する。

 最も簡単なのは、罫線を引きたい表を選択したあと、「罫線」ボタンの横にある「▼」から「格子」を選ぶ方法だろう。一発で表に外枠や内側の縦横線を付けられる。

 ダイアログボックスを使うやり方もある。「罫線」ボタンの横にある「▼」から「その他罫線」を選びダイアログボックスを開く。ここでは外枠を中太線、内側を細線に設定しよう。まず、「スタイル」から「中太線」を選んで「プリセット」の「外枠」を選ぶ。すると「プレビュー」の外枠が中太の罫線になった。

 次に「スタイル」から「細線」を選んで、今度は「プリセット」の「内側」を選ぶ。すると「プレビュー」の内側に細線を付けられた。以上の設定を終えたら「OK」ボタンを押す。これで、外枠が中太線、内側が細線の表が完成した。

ダイアログボックスから罫線を設定する
外枠を中太線、内側を細線に設定した。最初に「スタイル」で線の種類を指定するのがポイントになる
[画像のクリックで拡大表示]

活用したい「罫線の作成」「罫線グリッドの作成」

 以上は罫線の付け方の基本だ。この基本を押さえた上で「罫線の作成」および「罫線グリッドの作成」を活用したい。こちらはあまり使われないものの、「Excelで時短」にはなくてはならない機能だ。

 まず、「罫線」ボタンの「▼」から「罫線グリッドの作成」を選び、再度「▼」から「線のスタイル」→「細線」を選ぶ。マウスポインターがペン状になっているのを確認したら、罫線をつけたいセル範囲をドラッグする。これで「格子」の表が出来上がる。

「罫線グリッドの作成」を実行する
「罫線グリッドの作成」を利用した。ペン状のマウスポインターで罫線を描くのはなかなか快適だ。罫線の細かい編集にも使える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら