問題は「連続データ」なのか?

 まずは下図を見てもらいたい。Excelで作った簡単なスケジュール管理表だ。このようなカレンダー形式の表は誰もが作るはずだ。ただし、「Excelで時短」を前提にした場合、このようなスケジュール管理表には工夫が必要になる。

A2に「8/1」と入力したあと、A2のフィルハンドルをA32までドラッグした。これで「8月1日」から「8月31日」までの連続データを作れる
[画像のクリックで拡大表示]

 その前に、どのような手順でこのスケジュール管理表を作ったのかを説明しておきたい。まずA2に「8/1」と入力して[Enter]キーを押す。A2には「8月1日」が返る。数式バーを見てみると「2019/8/1」になっている。

 このようにExcelでは、単純に「8/1」のように日付形式で入力すると、入力した時点の年の日付だとExcelが自動的に判断して「2019/」を付け加える仕様になっている。このA2をA32までオートフィルすると、Excelは「連続データ」だと判断して、「8月31日」までの連続した日付を振ってくれる。

 では、「Excelで時短」を考えた場合、この手順のどこに問題があるのか。ここでは、同様のスケジュール管理表を、9月分や10月分も作成する場合を考えてもらいたい。ブックやシートを丸ごと複製したあと、上記で見た同様の手順で日付を書き換えることになるだろう。これはちょっと面倒だ。

 このように使い回しを前提とするならば、「連続データ」の利用はあまりお勧めできない。2日目の日付に一工夫して、簡単に使い回しできるスケジュール管理表に改善してみよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら