Excelで金額の計算をするために、1つのセルに「1000円」と入力したい。しかし単純に「1000円」と入力すると、Excelはこの値を文字として判断する。そのため、計算の対象にならない。

 ではどうしたらよいのか。「数値の表示形式」を利用すると一挙に解決できる。

数値をカンマ付きやパーセントで表示

 「数値の表示形式」とは、数値にカンマを付けたり、「¥」マークを付けたりする機能を指す。例えば「1200000」と入力してあるセルを選択して、「ホーム」タブの「数値」グループにある「桁区切りスタイル」ボタンをクリックすると、「1,200,000」のように数値にカンマが付く。

 また、「通貨表示形式」ボタンをクリックすると、頭に「¥」マークが付いて「¥1,200,000」となる。カンマや「¥」を手入力するのは、本連載のテーマである「Excelで時短」に反すると心得よう。

「表示形式」で「¥」を設定した
カンマや¥マークは「ホーム」タブの「数値」グループから適用できる。これらを手作業で入力するのは時間の無駄だ
[画像のクリックで拡大表示]

 次にパーセントや小数点の表示形式について見てみたい。D列は今月の売上を合計で除算した値を表示している。D2セルからD7セルを選択して、「数値」グループにある「パーセントスタイル」をクリックすると、パーセント表示にできる。

 ただ、これだけでは小数点以下が表示されない。そこで、同じく「数値」グループにある「小数点以下の表示桁数を増やす」を1回クリックする。これで、小数点第1位を表示できる。さらにボタンを押すと表示桁数を増やせる。逆に桁数を減らす場合、隣にある「小数点以下の表示桁数を減らす」を押せばよい。

パーセント表示を調整する
パーセント表示や小数点以下の桁数も「数値」グループで簡単に調整できる
[画像のクリックで拡大表示]

 小数は分数表示にもできる。例えば「2.5」と入力して、「数値」グループの「標準」(数値の書式)の横にある「▼」ボタンをクリックする。よく使う表示形式が一覧になるので、ここから「分数」を選ぶ。すると「2 1/2」のように分数で表示できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら